今日は奥州市の郷土料理、はっと汁です。
その昔、この小麦粉を使った汁のあまりのおいしさに、農民が米の生産を怠るのではないかと心配した殿様がこの汁を食べることを禁じた「ご法度」を出したところから名づけられたという由来があります。

県内には同様の汁が「つめり」「とってなげ」「ひっつみ」などの呼び方で食べられています
私たちの身近にある郷土料理を今後も給食で取り入れて、次代へ伝えていきたいと思っています。

1539232567382.jpg

しっかりと腰を入れて、はっとの生地作り


汁の中に手際よくはっとを伸ばし入れていきます。

1539232552085.jpg

手作りのはっとは形は不揃いですがなめらかな口当たりでとてもおいしいです


★今日の献立★
・麦ごはん
・赤魚の西京焼き
・大豆の五目煮
・奥州はっと汁
・牛乳

1539232527833.jpg


ポークカレー

目の愛護デー